DASH卒業生

井上 舞さん(旧姓中村)

1470798441779

生まれ:1986年
選手コース在籍年数:9年
小4〜高3

中学
三条市立第一中学校
高校
新潟県立三条高校
大学
横浜市立大学

聞きたい(選手編)

  • どんな選手でしたか?

持久力がなくて、練習より大会が好きでした。
冬の泳ぎこみのときは、辛くて辛くて。でも限界に挑戦してる感じの耐乳酸メニューは好きでした!
キックは男子と競う並みの脚力で、プルが激弱の絶妙なバランスで泳いでました!

  • 目標はありましたか?

全国大会出場!
同期の男子メンバーみたく、女子からもJO、全国大会へ行きたいと目標にしていました。
結果は北信越まででしたが、高校の2年間のブランクを最後で更新できたので、悔いのない水泳人生でした!

  • 選手コースで学んだことはなんですか?

たくさんありますが、
『努力は報われるとは限らない。でも決して無駄にはならない。』という言葉。

恩師の桑原コーチ(現社長)の言葉です。この言葉は、ダッシュを卒業しても心に強く残っています。
努力すれば必ず報われるほど社会やスポーツの世界は甘くないと思います。
でも、いま目標に向かって頑張っていることや、そこから得たものは決して無駄にはならないことを学びました。
タイムが出ずにもがき悩んだこと、文泳両道するために限られた時間の中でたくさん工夫をしたこと。頑張っているチームメイトの背中から刺激をもらい自分自身も頑張れたこと。
モノの価値観や考え方など、家族以外にこんなにも深く関わる場があって、ダッシュで学んだこと全てが私の宝物です。

聞きたい(職業編)

  • 今の職業に就こうと思ったきっかけは?

株式会社 資生堂
営業
『日本のモノづくり、美意識を多くの人に伝えたい。多様な価値観がある人と接してみたい。』
学生の頃にいった海外旅行で、改めて日本の素晴らしさを感じ、日本生まれの企業に就職しようと思いました。
化粧品がもともと大好きというわけでなく、総合職はたくさん部門を経験できて面白そうと感じたのが正直なきっかけです。

辛いこと、悩むことは何ですか?
短期的、長期的課題に対してあるべき姿・目標を描きアプローチしても、満足できる結果が出せないときです。
「仮説がそもそも違うのか?」
「アプローチが不足しているのか?」
いくら考えても答えがわからないときは辛いし、ずっと考えてしまいます。
今は仕事の悩みが中心ですが、学生の頃も事柄は違えど同様の理由で悩んだことがありました。

  • 大きな失敗はありますか?

たくさんあります。
入社2年目の頃、私は営業としてチームをまとめなければいけないのですが、チームメンバーが得意先からクレームをもらいがちで苦労しました。
チームメンバーは年齢も私より20年以上年上で、私は「普通に考えればわかると思う亅ことも、伝え方が悪かったのかメンバーのモチベーションを下げてしまったことがあります。

  • その失敗からどのように今に至りますか?

『相手を変えることはできないが、自分を変えることはできる。』ことを学びました。
当時は、どうしたら良いのかわからず、よく家で泣いていましたが、それは私の職業観で物事を伝えていたからだと思いました。
会社には色々な職業観の人がいて、生い立ちも違います。さらに、相手の価値観は並大抵のことでは変えられません。
そこに気づいてからは、
「この人の価値観はどこに重きを置いているのかな」
「この人は何を私に求めているのかな」と相手を受け止めながらコミュニケーションをとるようになりました。

  • 最後に一言

私の学生時代は、ダッシュとともにありました。
ただの部活とは違う深い関わりが出来たのも、桑原コーチのもとダッシュだったからだと思います。
今も帰省する度にダッシュには顔を出していますが、
ダッシュは私が育った場所であり、私の青春に帰る場所です。
これからもOBOG含め、ダッシュ魂が受け継がれることを祈っています!