してはいけない苦労とは?!

最近プロテインを変えたベイマックスです。

 

今、不安な気持ちでいる選手に力が出る事を書こうと思います。

 

苦労とは、

苦しい時期を務めると意味です。

頑張っている時は、そうは思っていない事が多いのですが、

思い返せば、あれが苦労の時だったんだなあと思う事はよくあります。

その苦労が、将来役に立って、大きな事の成功に繋がる事が多くあるので、

「若い時は苦労は買ってでもしろ」と言われます。

 

それが、まるで意味のない苦労があります。

「持ち越し苦労」と「取り越し苦労」。

 

これを先入観や固定概念と言うそうです。

 

持ち越し苦労とは、苦い経験した事を、わざわざ次へ持ち越すことです。過去に起こったことは、もう終わっているのだから心配する必要はないのに、自分はダメだといつまでも抱え込んで、モチベーションを落とし、すべてが上手くまわらなくなるという、悪循環に陥ってしまいます。

 

取り越し苦労とは、どうなるかわからない未来のことをあれこれ心配すること。

これから起こることなど、自分の思っている通りのイヤなものかどうかもわからないのに、これからのことを心配し過ぎて、何かをやろうとしても気持ちが乗らず上手くいかない。

 

そして、この二つの苦労は、自分を信じる心の力を失わせます。

 

私たちは、常に今までのことに感謝をしながら、次のステップを楽しみ、進化させて行く。

これに意味を持って頑張ることで、人は目標を達成し次につなげていきます。

つまり、持ち越し苦労や取り越し苦労をして、わざわざ心を疲労させ、

擬似苦労しても仕方がないのです。

 

簡単に言えば「危険予知能力」が敏感すぎるんだと思います。

 

もう、地区予選、県予選が始まりました。

 

選手の皆さんは「取り越し苦労」「持ち越し苦労」をしていませんか?

目標に向かって、「頑張る・努力する」事が大切で、結果はおまけです。

 

おまけを期待し過ぎるから二つの苦労してしまうのです。

 

勝つと思うな

思えば負けよ

負けてもともと

 

くらいの気持ちで、最大努力ができると良いですね。

 

決して、

大切な自分らしさまでもを失ってしまわぬよう!

検討を祈ります。

 

 

 

 

最近変えたプロテインが、すごく安くてよく効きます。

腕周り50センチに向けて頑張るベイマックスでした。