メッセージ

最後まで泳ぎ続けた高3生 最終回

暑くなったり、寒くなったり体調管理大変ですね。
皆さんは体調の方は大丈夫でしょうか?

少し長くなりましたが、最後まで泳ぎ続けた高3生の最終回です。

先回の続き。

2017年北信越大会の閉会式のあと、竜也くんはコーチに相談に来ました。
「コーチ、春のジュニアオリンピックを目指したい。」

この北信越高校で引退するものだと思っていたので、
「ということはこのまま選手続行おになるけど、大丈夫なのか?」

「続けます」

仲間から受けたエールで結果を出し、そのおかげで自信に満ちあふれ、やれば出来る事を確信しているからこそ断言できた言葉でした。

チャンピオンシップというカテゴリー(15歳以上高3生まで)は、出場する事自体が難しく、リレーでいえば過去10年間新潟県内の男子リレーで出場しているのは、1チームあるか無いか位いです。
突破してくる全国30チームの中で7割が学校からの出場という状況で、単独のスイミングで標準記録を突破するには相当難しい事です。

次の日から、休まず練習を続け新年が明けて2018年となりました。

4人のメンバーが揃って出場出来るレースは2回のみ。

最初の大会では4人とも調子よく、挑んだレースは残念ながら0.数秒で切れませんでした。

リレーの結果は、良くても悪くても全員で頑張った証です。
タイムを落とした選手がいれば、他の選手が上げれば良いことです。
ダッシュでは誰がどうしたという話はしません。
突破できなければ、どうしたら切れるか考え、次の日から練習に生かすだけです。

でも、レース後に、竜也くんは一人で泣いていました。
コーチたちから声をかけられても泣いていました。

現実の話、竜也くんは予定のタイムより1秒落としていました。
それで責任を感じて泣いていたのを、コーチたちは痛いほど感じていました。

これが最後という試合が始まりました。
リレーメンバー4人の調子が上がらない中、一人異常に緊張している選手がいます。

そう、竜也くんです。

「また、仲間の足を引っ張ってしまったらどうしよう」

これで切れなかったら終わる最終レース。

竜也くんは第2泳者。

第1泳者は先回のレースとトントン。
竜也くんは、何と、先回より1秒上げてきました。

「いいぞー!」コーチたちは叫びます。

第3泳者、第4泳者とも踏ん張り、とうとう標準タイムを切りました!

ダッシュ新津は大騒ぎです。

また竜也くんは成し遂げました。
仲間と一緒に成し遂げました。
仲間がいたから成し遂げられました。

ダッシュには
「個人は足し算、チームは掛け算」という言葉があります。
仲間同士が信頼し合いチームになれば掛け算の如く大きく育つという意味です。

正にこの言葉を実践してくれました。

今回は竜也くんにスポットを当てましたが、
決して才能に恵まれていた訳でもなかった彼が、
仲間を必要とするリレーという種目を通して大きく成長できたという話です。

みんなにもその可能性があると思います。
それを思えるか思えないかは選手次第。

ダッシュはたくさんの選手が在籍していますが、
なんでこんなに多いんだろうと思っている保護者の方もいると思います。
それは、
かけがいのない選手時代にダッシュの選手には仲間を多く作って欲しいと思っているからです。


【辰巳国際水泳場 リレーメンバー4人です】

これからも水泳を通して人間力向上を目指しましょう!

3月の最後まで泳ぎ続けた高3生

 

目が痒くて、とうとう花粉症来たか!と思っているベイマックスです。

 

春のJOが終わりました。

ダッシュ新津では、8人の選手が出場。

そのメンバー中で、唯一1人高校3年生が出場しました。

 

その名は 「 本多竜也 」くん。

【竜也くんは向かって右の子です】 

 

彼との付き合いは中学2年生からなので、はや5年。

 

いつもいじけた感じが、印象的でした。

彼の口癖は「 俺なんて 」。

 

「俺なんて、頑張ったって速くならない」と言っていた選手でした。

 

ところが、中3の時にリレーメンバーに入らなければならなくなり、全国中学に出場できそうなところまで来てしまいました。

 

竜也くんは焦りました。

「俺なんて」なんて言ってる場合ではなくなってしまったのです。

「 まずい 」俺のせいで全中に出場できなかったらどうしよう。

 

コーチも周りの仲間もお母さんも、励まし励まし、逃げ出さないよう励まし続けました。

 

全中予選である、新潟県中学総体がとうとう来てしまいました。

 

竜也くんの顔色はありません。

 

予選が始まりました。

全中に出場するには、標準タイムを突破しなければなりません。

優勝してもタイムを突破しなければ、全国大会には出場できないのです。

 

竜也くんはコーチから第4泳者と告げられていました。

そうです、アンカーです。

泳ぐ前から、疲労困憊な顔をしています。

 

「 大丈夫かなあ」

コーチたちは心配でしたが、選手たちはやってくれる確信もありました。。

 

ヨーイ

ポーン

 

各選手、一斉にスタートしました。

頭一つ分出たのは、水泳で有名な中学校でしたが、順位は関係ないので

気にしません。

 

竜也くんチームの第一泳者は調子良く地区大会より2秒も速く泳ぎ、第2泳者のタイムも地区大会より速く泳ぎました。

それが、第3泳者が大ブレーキ!

地区大会よりも遅いタイムで竜也くんと引き継ぎました。

 

今度、顔色を失ったのはコーチたちです。

 

竜也!頼むぞ!

この日は、猛暑の上、外プール。

午前中とはいえ、ジッとしているだけでも、汗が噴き出すくらいです。

熱中症で救急車で運ばれる選手も出ていました。

 

竜也くんも、後半バテ始めました。

 

竜也!頑張れ!

 

竜也くんは、昨年の県大会が終わってから、コーチから直ぐに来年のリレーメンバー案を言われ、この1年間本当に頑張り、ここまで来ました。

 

いじけた選手もやればできる事を証明し自信につなげて欲しい。

 

コーチたちは祈るようにしてゴールを見守り、電光掲示板に目をやりました。

 

「 突破〜!」

 

コーチたちは大騒ぎ。

お母さんたちは大泣きでした。

 

竜也くんも泣いていました。

 

ホッとしたんだろうなあ。

 

こんないじけた選手も1年奮起し頑張れば、全国大会に出場できる。

 

本当にリレーは素晴らしい競技種目です。

 

竜也くんは進学しても水泳は続けません。

なぜ、進学しても水泳を続けない選手が、最後まで泳ぎ続けたのか?!

 

竜也くんがどんな選手なのか分かって欲しかったので、前置きが長くなりました。

まだ面白い話があるので、次回まで引っ張ります。

 

 

先日受けた健康診断の結果が、激変して良くなっていました。

でも体型がベイマックスではなくなり、らしくないと言われるのがつらくて、徐々に戻す予定のベイマックスでした。

 

 

 

 

仲間を応援するという事

最近ベイマックスじゃなくなって来たね、と言われるベイマックスです。

 

今週の土日はJOがかかる大切な試合があります。

今回は先回の褒める話の続きではなく、別の話をしたいと思います。

 

いよいよ怒涛の2月。

2月11日の日曜日以外の日曜日は、全て試合になっています。

 

レースは当然、自発的なエネルギーが必要ですが、この自発的エネルギーを

大幅に増幅させる方法をお教えします。

 

用意するもの

①やる気

まずは、泳ぐ自分に、やる気・元気・鈴木が無ければ、出るタイムも出ません。

②仲間

この2点です。

 

レース直前にする事

1)選手は、レース直前で大きな声で叫ぶ。

2)仲間の応援を聞く。

この2つだけでエネルギー倍増です。

 

解説します。

 大声で叫ぶ

・大きな声を出すことにより、心の制限が取り払われ、運動能力のリミッターが外れ、、

 自分の持っている力を100%以上出す事が可能になります(シャウト効果)。

*実際、声を出すと、出さない時に比べ5%アップすると言われています。

・自分の発した声により自己暗示にかかり、自分はやれるんじゃね?!みたいになります(精神的効果)。

 

仲間の応援

・言葉の語源は言魂とも言われていて、言葉自体にエネルギーが宿っています。

その応援の言葉により、上記と同じで運動能力のリミッターが外れ、思いもしない力が出る時がありま

す。

それも複数の仲間のエネルギーですから、かなり大きい【 元気玉 】です。

 

でも、

 自分で大声を出す事ができても、

 仲間が応援してくれなかったら。

チームの意味がありません。そんなチームは解散です。

 

最近仲間の応援をしないで、ゲームや談笑している選手が目立ちます。

応援は無意味ではありません。

 

仲間の為にも自分の為にも応援して、練習の成果を確実のものにしましょう。

 

 

 

今週JO予選会にでる皆さん、頑張ってください!

特に、新津校、Eグループ男子リレーメンバー、応援しています!