メッセージ

中学地区大会に向けて

こんにちは、すずトラです。

今日から全県の各地区の中学生は地区中学水泳競技大会で熾烈な戦いが始まります。

*上越地区と下越地区は明日から

天候も心配ですが、選手たちの調子も心配です。

 

「 調子がいい    」

「 調子がわるい 」

試合当日、

選手がコーチや仲間によく言うセリフです。

 

 「 調子がいい 」 感覚は?

選手に聞くと

・身体が軽い

・身体が動く などなど。

 

この

身体が軽い 身体が動く 時は案外ベストが出ない事があります。

 

みなさんは えっ! と思うでしょう。

 

わたしは、調子が良いという選手には、ある箇所を見るようにしています。

その箇所とは、

その選手の肩が、いつもの位置にあるかどうか。

*過緊張の選手の肩は、だいぶ上がっています。

 

身体が軽い・身体が動く時は、

レースの緊張感から、身体が過緊張を起こしていていつも以上に筋力が上がっていて

身体が軽く感じ、調子が良いと思うようです。

 

ここに落とし穴があります。

 

確かに筋力が上がっているので、25mは速いのですが、エネルギー効率が悪い事が多く

ラストでバテてベストタイム成らずという選手を目にします。

逆に、

調子が悪いと感じる時は、脱力出来ていて案外ベストタイムが出る事があります。

*この感覚で諦める選手が多い様です。

諦めてはいけません。

まずはリラックスする事が大切です。

 

調子が良いと感じる時は「 慎重に 」

調子が悪いと感じる時は「 大胆に 」

 

これは大切な心構えです。

 

みなさん、最後まで諦めず、中学地区大会にアタックしてください!

 

【 最後まで諦めるな!君たちは一人じゃない!】

新潟県水泳連盟表彰式

先日新潟県水泳連盟各種表彰および感謝状贈呈式がありました。
ダッシュグループより4名表彰されましたので報告いたします。

【年間最優秀指導者章】
鈴木孝行コーチ

【優秀指導者章】
関谷和明コーチ

國兼武コーチ

中條和之コーチ

これからも全国の舞台で活躍するダッシュっ子を育てていきます。おめでとうございます!!

ダッシュ強化部

D-サポート

先日の日本選手権、ダッシュ水泳大会、大型連休の強化練習を無事に終え
次なる戦いの舞台が幕を開けようとしています。

そんな我々、ダッシュ選手チームにとって「心強い味方」をご紹介いたします。
※本当はあまり宣伝したくないのですが…。


↑ダッシュトップチームが最もお世話になっている「高気圧カプセル」いわゆる酸素カプセルです。
どのカプセルメーカーよりも頑丈で強固な構造になっている上級製品。


↑こちらの部屋は、エグゼトロンというインナーマッスルへ届く電気治療器が設備されています。
マッサージや整体などでは届くことのない深層部の筋肉組織へアプローチ。
日常生活や練習による筋肉の疲労を改善してくれる強い味方です。

最強スタッフである「須貝先生」「駒野先生」「土田先生」の三銃士がトップアスリートの心と体をケアしてくださいます。

 
なぜダッシュがこのようなマシン設備に投資をするのかというと
全国的にみると、新潟という地方で戦っていくというのは
とても困難に思われます。
しかし我々、ダッシュチームは環境や人口などを理由に諦めることはありません。
努力や工夫に限界は無い。
桑原社長が常々言われていることを胸に。

ダッシュ強化部