メッセージ

3月の最後まで泳ぎ続けた高3生

 

目が痒くて、とうとう花粉症来たか!と思っているベイマックスです。

 

春のJOが終わりました。

ダッシュ新津では、8人の選手が出場。

そのメンバー中で、唯一1人高校3年生が出場しました。

 

その名は 「 本多竜也 」くん。

【竜也くんは向かって右の子です】 

 

彼との付き合いは中学2年生からなので、はや5年。

 

いつもいじけた感じが、印象的でした。

彼の口癖は「 俺なんて 」。

 

「俺なんて、頑張ったって速くならない」と言っていた選手でした。

 

ところが、中3の時にリレーメンバーに入らなければならなくなり、全国中学に出場できそうなところまで来てしまいました。

 

竜也くんは焦りました。

「俺なんて」なんて言ってる場合ではなくなってしまったのです。

「 まずい 」俺のせいで全中に出場できなかったらどうしよう。

 

コーチも周りの仲間もお母さんも、励まし励まし、逃げ出さないよう励まし続けました。

 

全中予選である、新潟県中学総体がとうとう来てしまいました。

 

竜也くんの顔色はありません。

 

予選が始まりました。

全中に出場するには、標準タイムを突破しなければなりません。

優勝してもタイムを突破しなければ、全国大会には出場できないのです。

 

竜也くんはコーチから第4泳者と告げられていました。

そうです、アンカーです。

泳ぐ前から、疲労困憊な顔をしています。

 

「 大丈夫かなあ」

コーチたちは心配でしたが、選手たちはやってくれる確信もありました。。

 

ヨーイ

ポーン

 

各選手、一斉にスタートしました。

頭一つ分出たのは、水泳で有名な中学校でしたが、順位は関係ないので

気にしません。

 

竜也くんチームの第一泳者は調子良く地区大会より2秒も速く泳ぎ、第2泳者のタイムも地区大会より速く泳ぎました。

それが、第3泳者が大ブレーキ!

地区大会よりも遅いタイムで竜也くんと引き継ぎました。

 

今度、顔色を失ったのはコーチたちです。

 

竜也!頼むぞ!

この日は、猛暑の上、外プール。

午前中とはいえ、ジッとしているだけでも、汗が噴き出すくらいです。

熱中症で救急車で運ばれる選手も出ていました。

 

竜也くんも、後半バテ始めました。

 

竜也!頑張れ!

 

竜也くんは、昨年の県大会が終わってから、コーチから直ぐに来年のリレーメンバー案を言われ、この1年間本当に頑張り、ここまで来ました。

 

いじけた選手もやればできる事を証明し自信につなげて欲しい。

 

コーチたちは祈るようにしてゴールを見守り、電光掲示板に目をやりました。

 

「 突破〜!」

 

コーチたちは大騒ぎ。

お母さんたちは大泣きでした。

 

竜也くんも泣いていました。

 

ホッとしたんだろうなあ。

 

こんないじけた選手も1年奮起し頑張れば、全国大会に出場できる。

 

本当にリレーは素晴らしい競技種目です。

 

竜也くんは進学しても水泳は続けません。

なぜ、進学しても水泳を続けない選手が、最後まで泳ぎ続けたのか?!

 

竜也くんがどんな選手なのか分かって欲しかったので、前置きが長くなりました。

まだ面白い話があるので、次回まで引っ張ります。

 

 

先日受けた健康診断の結果が、激変して良くなっていました。

でも体型がベイマックスではなくなり、らしくないと言われるのがつらくて、徐々に戻す予定のベイマックスでした。

 

 

 

 

仲間を応援するという事

最近ベイマックスじゃなくなって来たね、と言われるベイマックスです。

 

今週の土日はJOがかかる大切な試合があります。

今回は先回の褒める話の続きではなく、別の話をしたいと思います。

 

いよいよ怒涛の2月。

2月11日の日曜日以外の日曜日は、全て試合になっています。

 

レースは当然、自発的なエネルギーが必要ですが、この自発的エネルギーを

大幅に増幅させる方法をお教えします。

 

用意するもの

①やる気

まずは、泳ぐ自分に、やる気・元気・鈴木が無ければ、出るタイムも出ません。

②仲間

この2点です。

 

レース直前にする事

1)選手は、レース直前で大きな声で叫ぶ。

2)仲間の応援を聞く。

この2つだけでエネルギー倍増です。

 

解説します。

 大声で叫ぶ

・大きな声を出すことにより、心の制限が取り払われ、運動能力のリミッターが外れ、、

 自分の持っている力を100%以上出す事が可能になります(シャウト効果)。

*実際、声を出すと、出さない時に比べ5%アップすると言われています。

・自分の発した声により自己暗示にかかり、自分はやれるんじゃね?!みたいになります(精神的効果)。

 

仲間の応援

・言葉の語源は言魂とも言われていて、言葉自体にエネルギーが宿っています。

その応援の言葉により、上記と同じで運動能力のリミッターが外れ、思いもしない力が出る時がありま

す。

それも複数の仲間のエネルギーですから、かなり大きい【 元気玉 】です。

 

でも、

 自分で大声を出す事ができても、

 仲間が応援してくれなかったら。

チームの意味がありません。そんなチームは解散です。

 

最近仲間の応援をしないで、ゲームや談笑している選手が目立ちます。

応援は無意味ではありません。

 

仲間の為にも自分の為にも応援して、練習の成果を確実のものにしましょう。

 

 

 

今週JO予選会にでる皆さん、頑張ってください!

特に、新津校、Eグループ男子リレーメンバー、応援しています!

 

 

【新潟校・新津校・三条校】1/12臨時休館

本日1月12日(金)
選手コースの練習を中止いたします。

昨日から続く、降雪・積雪とその影響による

交通の困難な状況により、安全を考慮し、

休館(全ての営業の中止)といたします。

ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

今後につきましては選手ブログ上に更新していきますので

確認のほど宜しくお願い致します。