未分類

ほめる事の効果と危険性

最近サムライになったベイマックスです。

今回は、シリーズで「 ほめることの効果と危険性 」をお伝えしようと思います。

意見は色々あるとは思いますが、私の今現在の意見を伝えたいと思います。

 できていないのに、気を引きたい為だけに「うまくできたね」と言い、選手のご機嫌取りをするコーチがいるとします。

 間違えてはいけませんが、例えば、

 今の状態で出来ているとして、出来ていると伝える事は、出来ている事を伝えているに過ぎず、ご機嫌取りの為の褒めるとは違います。

 ここで言う良くない褒め方は、出来ていないのに「うまくできたね」と言うそのコーチの邪(よこしま)な心の事を指します。

 褒めるときには、褒める人の人間性が出ます。
褒めることの効果や危険性を知らないまま、選手たちを褒め続けているコーチはもしかすると選手生命を短縮させているかもしれません。

 年齢にもよりますが、小学校高学年くらいの子どもたちに対して、この様なことをしていますと子どもたちの勘違いが始まります。

 褒めて育てる。
悪いことではないのですが、褒める側の心持ちに問題があるように思います。

 褒める効果ですが、
褒められると、選手は嬉しくなってもっと頑張ります。それで選手は褒めてくれた人を好きになります。
そして生き生きと行動することが出来るようになります。

これが褒めることの効果です。

次は危険性です。

 褒める効果は、一見すると良い事だと思うのですが、「褒める」効果は長く続かない特徴があります。
できていないのに選手が喜ぶからと褒め続けていると、この程度でいいんだと選手は勘違いをして練習を続けます。当然練習強度低くなるのでタイムが伸びず、その為褒められる事が少なくなり。褒め続けられて来た選手は「もっと褒めてほしい」状態になっているのに、その褒められない状態に満足できず水泳を辞めてしまう。

 褒められることはそれほどまでに気持ち良く、本人は知らない間に中毒になっています。
多くの人たちは「褒められて嬉しくなる」ことが危険だとは思っていません。

 褒められる事を望むクセの付いた選手は、自分以外の人の目を気にして行動するようになり、「褒められたい」という行動動機でしか動かなけなくなります。
コーチや指導者が、良かれと思って注意すると、自分の思ったような注意でないと、選手は「嫌なコーチ」として選手は認識し、コーチと選手の間でギクシャクが始まります。

コーチがもし選手を褒めるときには、このことをよくよく理解して褒めてください。

本当にその子ができているから褒めているのか、どうなのか。

ご機嫌取りの為に、自分を好きになって欲しい・好きでいて欲しいだけに行っているのか自問自答してください。

選手に自立した人生を送ってもらいたいなら。
選手に自分で判断し決断する力を持ってもらいたいなら。

「ご機嫌取りの褒める」を慎しんだ方が良いと思います。

それでも安易に褒める!という指導者がいるのなら、

自分のために相手を動かしたいのだろう。
褒められるために動く、という条件付きの行動でしか頑張れない選手を育てたいのだろう。

次回は、どのように指導したら良いのかを説明したいと思います。

 

全国大会【速報】やったぞ!!全国表彰台!!

夏の全国大会も始まり、ダッシュ所属のメンバーも大活躍しています!!

まずは、インターハイから!

ダッシュ新津所属の石崎慶祐選手(長岡大手高校2年)が

200m自由形で終盤4人の接戦を2位で泳ぎ切りました!

3年生が多い中2年生での表彰台はお見事!!

続いて、ダッシュ三条所属の原澤珠緒選手(長岡大手2年)が

200mバタフライで決勝に進出、8位入賞しました!

二人はまだ2年生!今後に大きな期待が寄せられます!!!!

全国中学では、400mリレーで三条第一チームが強豪ぞろいの中見事3位表彰台ゲット!

4人は昨年も地元全国中学を経験してその経験が今年に生きたと思います!

全国中学は今日が最終日、インターハイは20日まで熱戦が続きます。

応援よろしくお願いいたします。

ダッシュ強化部

ダッシュ新津・三条合同合宿

8月11日~13日の3日間ダッシュ新津・三条の中高生が集まり、

ダッシュ合同合宿が行われました。

この合宿は秋以降のシーズンを見据えた今の自分を見つめ直し新たな自分を探す

大切な合宿となりました。この夏までにうまくいったこともあれば、

うまくいかなっかった事もあったはずです。

いつもと違う環境、メンバーと練習をすることで新たな発見があったと思います。

総勢60名の参加で、盛り上がりました!

最終日は3レーンで全員が声を出して締めの練習を行い、

盛り上がって終えることが出来ました。

あと数日後にはインターハイ・全中・JOが各地で行われます!

ダッシュ代表として・学校代表として参加する選手には

全力で笑顔で臨んでもらいたいと思います!

ダッシュ強化部