解剖学

人体の解剖学(運動器系)

前回は、神経系について勉強しました。
基本的な神経の役割や種類を学びましたね。今回はスポーツ選手には欠かせない知識「運動」について大まかに取り上げます。


運動器系は大まかに「筋系」「骨格系」に分けられます。
それにより、筋骨格系とも表記される。

骨の役割って?

・人体を形づくるコト、脳や内臓を守るコト。
・血液を作るコト(一部の骨)
・カルシウムやリンを貯蔵するコト。

筋肉の役割って?

・関節を動かす、姿勢を維持するコト。
・体の熱を発生させるコト。
・血液やリンパを流すコト。


骨格系

「体幹」と「体肢」に分けられる。

体幹は頭蓋・脊柱・胸郭の3つに区分。
体肢は上肢・下肢の2つに区分。

関節の種類

①球関節
②蝶番関節
③ラセン関節
④車軸関節
⑤楕円関節
⑥顆状関節
⑦鞍関節
⑧平面関節
難しい漢字でどんな形をしている関節なのか想像もつかないモノが多いかな。
それぞれの種類が、自分の体のドコにあるのか調べてみよう!


筋系

筋肉自体の動きとしては、収縮(縮む)と弛緩(緩む)の2つがある。
これにより、泳いだり走ったり鉛筆を持ったりなどが出来る。
※筋肉の分野はアスリートにとって大事なトコロ!また別の機会に詳しく取り上げましょう。

筋の神経

筋肉内の神経線維には、3つの種類がある。
①運動繊維: 筋に収縮する命令を伝える。
②感覚繊維: 痛覚(痛み)や深部感覚(筋肉の収縮や弛緩、伸展)などの情報を中枢神経へ伝える。
③自律神経線維: 主に、筋肉内の血流の調整を行う。

骨格筋の運動作用

筋肉が収縮・弛緩することにより、あらゆる関節に動きが生まれる。
その動きの方向は「筋繊維の方向」と一致するので、知っておくと便利。ただし、動きというのは一つの筋肉だけで行われるものではないので
関節と筋肉の位置関係・運動軸・重力などを理解することが重要となる。ムズカシイ~

①屈曲・伸展
②外転・内転
③外旋・内旋
④回外・回内
⑤外反・内反
以上の5つが基本的な関節運動。
どこの筋肉と関節が運動しているのか自分で調べてみよう。泳ぎのパフォーマンスUPにきっと役立つよ。
 


※「歪み」って?

骨がゆがんでいる。という言葉を聞いたことがあるかと思います。
「ゆがんでいる」というのはどのような状態なのでしょうか。
脚の長さが違う!
肩の高さが違う!
骨盤が歪んでいる!
などと言われたことのある人も多いのでは…?

ここで大事な考え方として
「骨は自分で位置を決められない」というコト。
骨は筋肉や姿勢によって「居場所」を決められているのです。
つまり、骨の歪みを正していくというコトは筋肉(動作)や姿勢を正していくことなのですね。

選手の皆さん、普段の姿勢!気にかけていますか?

人体の解剖学(神経系)

前回、人間の体はどのように区別しているのかを勉強しました。
今回から「器官系」「器官」をほんの少しだけ詳しく見ていきます。
まずは、

神経って何をしているの?

神経は、あらゆる連絡網の働きがあります。
転んだ痛みを伝える神経
腕を動かす信号を送る神経
食べたものを消化する胃液を出させる神経
などなど。
 

神経系

神経系は「中枢神経系」と「末梢神経系」の2つに分けられる。


①中枢神経系

「脊髄」と「脳」の2つからなる。

脊髄

脊髄の長さは約40cm。太さは約1cmほどで円柱状となっている。脊柱管の中におさまっている。
ここから末梢神経である脊髄神経がそれぞれ出ていく。

脳は脊髄が膨張して出来上がった構造をしている。
たくさんの働きがあるので、別の機会に詳しく取り上げましょう。脳科学という分野もとってもオモシロく、競技にも活かせると思います。


②末梢神経系

「脳脊髄神経」と「自律神経」の2つに分けられる。

1:脳脊髄神経
  • 「脳神経」
  • :脳から出ている神経。
    :12対ある神経で、それぞれに大切な働き・役割がある。

  • 「脊髄神経」
  • :脊髄から出ている神経。
    :31対ある神経で、出入りしている高さによって5つに分けられる。

    1.頚神経:8対
    2.胸神経:12対
    3.腰神経:5対
    4.仙骨神経:5対
    5.尾骨神経:1対

    ※以上の5つと合わせて、背骨の数も調べてみよう!


    末梢神経系は、神経の働きにより「求心性」と「遠心性」の2つにも区別される。

    ①求心性神経
    末梢からの刺激を中枢へ伝達する。(感覚神経)とも呼ばれる。

    ②遠心性神経
    中枢から末梢へ興奮を伝える。(運動神経)とも呼ばれる。
    ※運動神経には手足を動かすコトだけでなく、内臓の働きや分泌を促す神経もある。


    2:自律神経

    自律神経の働きは、
    心臓・気管・消化器・膀胱・汗腺・瞳孔などの臓器の働きを調整する神経。
    自分の意識が直接的に、自律神経の働きに関係しない。
    交感神経(活動モード)と副交感神経(休息モード)の2つがある。

    交感神経

    活動モードの神経。
    「闘争と逃走」の神経とも呼ばれる。

    副交感神経

    休息モードの神経。
    リラックスしている時、睡眠中に主に働く神経。

    ※スポーツ選手にとっても、交感神経と副交感神経のバランスが重要です。
    試合の時、良いコンディショニング・パフォーマンスのカギとなるでしょう。
    ケガや故障の期間も、回復・復帰を早めるために大事なトコロです。
    まずは、自分のチカラで「自律神経」について調べてみよう!

人体の解剖学(全体像)

選手とコーチの交換日記ならぬ交換学習の中身を連載していきます。

・人の体は何で出来ているの?

人体を形づくる最も小さな単位は「細胞」です。
成人では約60兆個の細胞があると言われています。
(約37兆個という説もある。とにかく数えきれないほど沢山あるんですね)


→では、細胞とは何で出来ているのでしょうか。

1:分子レベルで見てみよう

大まかに
水分60%、タンパク15%、脂質20%、微量元素5%
※当然ですが、人によって多少異なります。

2:原子レベルで見てみよう

大まかに重量比で
酸素(63%)、炭素(20%)、水素(10%)、窒素(3%)、カルシウムやリンなどその他(4%)


→細胞が集まると何になるの?

組織になります。

組織は4つに区別される。

1:上皮組織(皮膚や内臓の表面など)
2:結合組織(骨・軟骨や血液など)
3:筋組織(筋肉や心臓など)
4:神経組織(神経)


→組織が集まると?

器官というかたまりを作ります。

骨、骨格筋、心臓、肝臓、胃、粘膜、子宮、膀胱などなど…。
器官は数多く区別されてあります。探してみよう!


→器官が集まると?

器官となります。

9つに区別すると、
・消化器系
・循環器系
・呼吸器系
・泌尿器系
・生殖器系
・内分泌器系
・感覚器系
・神経系
・運動器系


→そして、人間の出来あがり。

トレーナー部
山﨑裕太

yamazaki