Archives for 3月 2018

三条校 新成人集結

本日三条市の成人式があります。

ダッシュ選手コースOB・OGが集結。

成人式の日に挨拶に来ることが伝統化しております。

私も11年前に当時担当してくれていた桑原コーチ(現社長)に

全員で挨拶に来たことを覚えております。

その当時の写真を久住コーチは今も大切に保存してくれています。

 

選手コース時代に、

苦楽を共にした仲間との再会は本当に楽しそうでした。

今何を頑張っている、何を目指しているなど

大人の会話を楽しんでいました。

小学生の時、担当していた関谷も一緒に写真撮影。

OB・OGの保護者が撮影してくれていました。

当時を支えていただき、今日も送迎をしていただき、

ありがとうございます。本当に感謝しております。

 

大きく羽ばたけ!

 

三条校 関谷

日本選手権出場者!スペシャルイベント

3月11日にダッシュ所属の日本選手権出場者によるスペシャルレッスンがダッシュ新潟で開催されました。

内容はクロールレッスン、各種目レッスン、そしてスペシャルメドレーリレー!!
終始笑いあり拍手ありの有意義なイベントになりました。

各選手の自己紹介の様子です。



選手コースが大人の会員さんと関わる機会はなかなかないのでこういったイベントを通して少しでも関係(つながり)を持ち、「応援したいな」「頑張ってほしいな」と思ってくれるように頑張ります!!

イベント前に自分が担当しているスクール生に「イベント頑張って!」と言われてうれしかった大坂でした。

常識を疑ってみる

健康診断の結果が楽しみなベイマックスです。

世の常識や、その世界、その業界の常識と言うものがあると思いますが、疑ってみたことはありますか?

私はなるべく、その時代の常識の反対側を探る様にしています。

そのきっかけとなっているのが、コーチになってからのウェートトレーニング(WT)でした。

私がWTを始めたのが約35年前。
その当時の伝説のスイマーである、オリンピック7冠のマークスピッツ(ミュンヘン五輪1972年)でさえ、「WTは必要ない」と公言していた時代でした。
でも私は、日本人が勝つためにはWTでパワーを付けるしかないと思い、鳥屋野体育館で当時50円を払って、身をもってトレーニングを始めました。

トレーニングのやり方は、自己流で、体育館にある器具を手当たり次第使っていたのですが、ケガをししてしまい、続けようか迷っている時に、近所に元ボディービルダーがやっているジムを見つけ入門し、正しいトレーニングを学びました。

あれから35年。今では当たり前のようにWTを色々なスポーツが取り入れています。

と言うことは、常識が変わったと言うことです。

最近レース前に肩のストレッチをする選手がいなくなりました。

それは筋肉が伸びてしまい、力が入らなくなってしまい、パフォーマンスが下がると言う事が広まり、指導者からそのように指導を受けていると思われます。

少し前までは、ストレッチが当たり前だったのですが時代が変わりました。

それに変わり、「ダイナミックストレッチ」と言うストレッチが出てきました。

そこで、もう少し簡単に効果の出るストレッチを紹介します。

「骨ストレッチ」です。

嘘のように、肩がクルクル回ります。

先日、日本人初の9秒台で走った桐生祥秀くんもやっているストレッチです。

ぜひ、常識に囚われず、色々なものにトライして欲しいものです。

最近、「ベイマックス痩せたね」とよく言われるようになりました。
悔しいので、もっと大きくなろうと思うベイマックスでした。