メッセージ

速くなる覚悟

水泳は楽しくて面白い。そして泳ぎ続け速くなると選手コースに上がる。

そこから水泳は競泳へと姿を変える。

きつい練習は苦しくて涙がでてしまう。それも毎日。

でも速くなりたい。

勉強できる時間も遊べる時間も友達の半分以下。

でも速くなりたい。

ゴールデンウィーク?合宿ウィーク。

夏休み?ほとんど合宿で10日も家にいない。

冬休み?泳ぎ込み合宿。

春休み?立ち上げ合宿。

でも速くなりたい。

競泳の9割以上は苦しく辛い。

だからほんの数秒のベストで笑顔が弾ける。心がおどる。ガッツポーズがでる。

くじけそうになった時は周りを見る。

同じ“速くなる覚悟”を決めた仲間がいる。

泣きながら努力している仲間がいる。大会でガッツポーズをしてる仲間がいる。

だから速くなりたい。

努力が必ず報われるとは限らない。

しかし今の自分の努力が未来の自分の土台となる。

“できるまでやるが成功するための条件”

“あきらめないことが失敗しないための条件”

それが僕の、私の、速くなる覚悟。

センスとは?

スポーツの世界でよく耳にする「センス」という言葉があります。「あの子はセンスがある」といった感じで使われます。具体的な意味としては身体の使い方がうまい時に使われることが多い印象を受けます。

センスは運動神経と似ている部分があります。先日運動神経についてすごく良い記事を目にしたので紹介したいと思います。

https://note.com/daitamesue/n/n86e8b0f1b0f9

陸上のオリンピック代表に選ばれたこともある為末大さんの書いた記事です。本人の長い競技人生での経験や感じて考えた事を発信していらっしゃいます。

この記事に出てきました①~⑤

①出力の大きさ
②身体で表現する能力
③外部の物体に合わせる能力
④身体感覚
⑤学習する能力

水泳において④身体感覚が競技力を上げていくうえでとても重要な要素だと自分は考えます。水泳は水の中という不安定なところでおこなう競技ですので自分の身体がどのように動いているか立体的に感じなければなりません。感じることが出来なければイメージとの差がわからず修正すらできません。

一般的に②身体で表現する能力が高いと「センス」があるとされてますが自分は④の身体で感じた事を⑤ですぐに修正できると「センス」があると感じます。

ダッシュYouTubeチャンネル

水泳の競技力向上に役立つ情報を【動画】でお届けしています!

■速く泳ぐために必要な「筋力トレーニング」の紹介

■効率よく前に進むための「ドリル練習」の紹介

動画をご覧いただき、「参考になった」「良かったな」と感じられた方は

是非、チャンネル登録と高評価をお願いいたします(^^)