Team DASH

2015年1月 Open始動 新潟県に3クラブ(新潟校・三条校・新津校) ダッシュスイミングスクール選手コース指導者がお送りする、 ドロくさくて愛のある メッセージ・コラムサイト

文泳両道で人間力向上を!
強化指定突破選手

強化指定突破選手

日本水泳連盟および新潟県水泳連盟の強化指定突破した選手の紹介をいたしております。
Read More
競技結果リポート

競技結果リポート

チームDASH、2018年4月【日本選手権】突破者5名! どこまで行けるのか!一緒にチャレンジしよう!
Read More
コラム「ダッシュ魂」

コラム「ダッシュ魂」

ダッシュ選手コース在籍者のみではなく、同じように悩みを抱えている人や困難に立ち向かっている人たちのお役に立てるようなコラムをお届けできれば幸いです。
Read More
文泳くん文泳さん

文泳くん文泳さん

不定期更新の卒業生インタビュー DASH三条選手コース卒業の「須田雄介さん」に聞きました。 様々な困難を乗り越え、挑戦し続けているからこそメッセージを是非ご覧ください。 みんなの想いを応援しています。 詳細はクリック↓
Read More

新潟県水泳連盟表彰式

新潟県水泳連盟より、2017年度の活躍したコーチを表彰する

優秀指導者賞授与式がありました。

 

 

なんと今年は ダッシュ三条から  関谷太佑コーチ

ダッシュ新潟から  山﨑SPコーチが表彰をうけました。

 

 

 

 

山﨑コーチは感極まっています。

 

 

 

 

また日曜日から更にコーチングレベルを上げて指導してくれることでしょう。

期待して下さい!!

 

 

 

3月の最後まで泳ぎ続けた高3生 続き

今日は暑いですね。夏バテしそうなベイマックスです。

 

先回の続きです。

 

全中に出場した竜也くんも、受験勉強に入りました。

冬場は受験の為、あまり練習が出来ませんでしたが、見事新潟市の高校に合格しました。その高校は毎年インターハイに水泳でも出場する名門校です。

 

よし、ここからまたインハイ目指して頑張ろうな!

コーチは期待を込めて話をしました。

ところが、

2年間、練習に来たり来なかったり。

 

1年生から2年生の終わりまで、三年寝太郎ではなく、二年寝太郎になってしまいました。

 

竜也くんには、やれば必ず速くなるからと、説得しても

いつもの

「どうせ俺なんか」

ちょっと燃え尽き症候群になった様です。

 

とうとう3年生のラストイヤーになりました。

 

少しづつ、練習に来るようになった竜也くん。

県大会前には中学3年生の時のように

休む事なく頑張って練習をしています。

 

とうとう、来週にも県大会という、ある日。

 

「コーチ、リレーの予選に出ることになりました。」

竜也くんは報告します。

「決勝は?」

コーチは聞きました。

「予選だけです」

竜也くんは元気なく答えました。

「そうか」

仕方ないと思いました。この2年間本当に眠っていましたから。

「でも、好タイムで泳げば決勝に出れるかもしれないから頑張れ!」

コーチは励まし、送り出しました。

 

試合当日、リレーの予選が始まります。

竜也くんはアンカーです。

 

結果は個人ベストから2秒落としました。

 

もう決勝は選ばれないな。

本人もコーチも諦めました。

 

ところが、決勝前に竜也くんがコーチの所に飛んで来ました。

 

「コーチ、決勝出れる事になりました。」

 

なんで!!

「もう、時間がないんで行きます。」

 

半信半疑のまま、竜也くんの高校の監督に聞きに行きました。

 

監督の先生は、嬉しそうに、

「後輩が、自分はいいから、竜也先輩を出してください」

とお願いされたと。

1人だけじゃないんです。みんながそう言うんです。」

後輩たちは、頑張っている竜也くんを見ていたんです。

予選を見て、後輩たちは、このまま終わらせたくない。

竜也先輩ならやってくれると願った様です。

 

これは、すごい話になって来たなあ。

これは期待に答えなきゃ。

コーチはつぶやきました。

 

結果は予選からチームで3秒アップし、表彰台は逃しましたが入賞を果たしました。

北信越大会の出場権を獲得です。

竜也くんは予選より、3秒タイムを上げベストタイムを叩き出しました。

そうです。竜也くんが頑張って速くなった分チームベストが上がって来ました。

 

「やればできる子だな、竜也」

竜也くんは泣いていました。

「いい仲間に出会えたな」

泣いていた竜也くんは、号泣に変わりました。

 

この時を境にして、考え方が変わりました。

7月に行われた北信越大会でも、更に3秒縮めて夏のシーズンを終了。

 

北信越大会の閉会式のあと、竜也くんはコーチに相談に来ました。

「コーチ、春のジュニアオリンピックを目指したい。」

【北信越高校2017 ダッシュ新津の仲間と】

 

この続きは、次回にまた。

日本選手権終了!

6日間の熱い戦いが幕を下ろしました!
今回の日本選手権は日本新記録が10、日本高校新記録が8と非常にレベルの高い大会となりました。

ダッシュグループの最終成績
新潟所属
大坂将史選手 200mバタフライ4位入賞 100mバタフライ19位
松尾祐輝選手 50m自由形46位
石崎慶祐選手 100m自由形7位入賞 200m自由形8位入賞

三条所属
原澤珠緒選手 200mバタフライ32位

という結果になりました。
連日の多大なご声援ありがとうございました!
また来月にJapanOpenがありますのでしっかり練習し今まで以上の成績、タイムを残せるように頑張ります!

日本選手権の賞状はダッシュ新潟のフロントに展示いたしますので実物をご覧になってください。