Team DASH

2015年1月 Open始動 新潟県に3クラブ(新潟校・三条校・新津校) ダッシュスイミングスクール選手コース指導者がお送りする、 ドロくさくて愛のある メッセージ・コラムサイト

文泳両道で人間力向上を!
標準記録突破者

標準記録突破者

ジャパンオープン2017の標準を突破いたしました選手を掲載しております!
Read More
競技結果リポート

競技結果リポート

チームDASH、2018年4月【日本選手権】突破者4名! どこまで行けるのか!一緒にチャレンジしよう!
Read More
コラム「ダッシュ魂」

コラム「ダッシュ魂」

ダッシュ選手コース在籍者のみではなく、同じように悩みを抱えている人や困難に立ち向かっている人たちのお役に立てるようなコラムをお届けできれば幸いです。
Read More
文泳くん文泳さん

文泳くん文泳さん

不定期更新の卒業生インタビュー DASH三条選手コース卒業の「須田雄介さん」に聞きました。 様々な困難を乗り越え、挑戦し続けているからこそメッセージを是非ご覧ください。 みんなの想いを応援しています。 詳細はクリック↓
Read More

たんぱく質が大事!とは言うけど…。

お菓子ばかり食べてないで肉食べろ肉!
筋肉を作るのはタンパク質が大事!
スポーツ選手は毎日プロテインを飲め!

皆さん色々言いますが…

では、具体的にどのくらい「タンパク質」が必要なのか?
一緒に考えてみましょう。

まずは国がどう言っているのかを見てみます。

厚生労働省が出している↓
日本人の食事摂取基準(2015年版)では、

男性12-14歳(推奨量)60g/日
男性15-17歳(推奨量)65g/日
女性12-14歳(推奨量)55g/日
男性15-17歳(推奨量)55g/日

以上のように記載されています。

う~ん。かなり大雑把です。
分かりやすく、体重1kgあたり(たんぱく質)1gを毎日摂取しよう!という理解でよろしいと思います。
つまり、
体重【60kg】の人ならば、1日のたんぱく質摂取量は【60g】
ということです。

自分が毎日食べているモノに「たんぱく質」がどのくらい含まれているのか?
調べてみましょう。きっと足りている人はゼロに近いのでは。

アスリートの皆さん、是非参考にしてください!

ダッシュ新潟 強化部

国民体育大会in愛媛

第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体にダッシュグループ総勢8人の選手で参加しました。
台風の影響で本来3日間ある日程を2日間に短縮する異例の大会になりましたが選手たちは変わらずの熱戦を繰り広げてきました!
入賞者だけになりますが報告します!

石崎慶祐選手 ダッシュ新津所属
50m自由形 6位
100m自由形 3位

原澤珠緒選手 ダッシュ三条所属
200mバタフライ 6位
4×100mメドレーリレー 7位

赤塚堅太選手 ダッシュ三条所属
4×100mフリーリレー 7位

五十嵐杏奈選手 ダッシュ新潟所属
4×100mメドレーリレー 8位

この国体をもって夏シーズンの大きな大会はすべて終わりました。今年は非常に多くの選手が全国の舞台で活躍していてとても嬉しく思います。
選手の頑張りはもちろんですが選手コースの活動にご理解ご協力して頂いている保護者のみなさまをはじめ、コーチ・スタッフのサポートの賜物です。
来シーズンは更なる飛躍を目指し選手・コーチ一同精一杯精進いたします。応援ありがとうございました!!

第9回アジアエージグループ選手権

第9回アジアエージグループ選手権がウズベキスタンの首都タシケントで9月8日に開幕しました。
2つの区分に分かれ競います。B区分は2000〜2002年生まれ、C区分は2003〜2004年生まれの選手です。

ダッシュグループからはダッシュ新津所属石崎慶祐選手が日本代表として参加してきましたので結果報告です!!

1日目
200m自由形 2位
4×100m混合メドレーリレー 1位

2日目
100m自由形 1位
4×100mメドレーリレー 1位
4×100m混合フリーリレー 1位

4日目
4×100フリーリレー 1位

以下本人コメント

9月8〜11日にウズベキスタンでアジアエージ選手権に出場しました。思うような結果を残せず残念ですが、海外のレースの難しさや食事、体調管理などいろいろ考えさせられる遠征となりました。
でも仲間と楽しくやれたのでとても充実した時間でした!
すぐに国体も始まりすが、いい形で夏のレースを終わらせられるように頑張ります、応援よろしくお願いします!