Archives for 11月 2016

今シーズンの公認大会は今日で終了!

今日は2016年最後の公認大会である、長岡親善公認記録会が行われました。

選手も2016年のオリンピックイヤーを良い形で締めくくるために頑張りました!

この大会は新潟県のトップスイマーも出場する大会です。

ダッシュ三条からは、55名の参加!

全国大会の標準突破はなりませんでしたが、ベスト率は全体で70%!

2017年に向けていい終わり方ができたと思います!

今回の大会で感じたことがあります。

良いチームにはいくつかのポイントがあると…。

1つ目は、選手が頑張れる環境。

2つ目は、選手とコーチの信頼関係。

3つ目は、支えてくれる家族の存在。

最後は、応援してくれる仲間の存在。

まだまだ要素はあると思いますがこの4つは基本中の基本。

どれか一つが崩れても良くないと思います。

三条チームは競技力を伸ばすことはもちろんですが、まずは選手が全力で頑張れる環境を、

作っていけるようにと、各担当コーチが毎日話し合っています。

時には意見を言い合い、時には協力して練習を行い、そのすべては選手のためです。

私は、選手が輝く姿を見るのが本当に大好きです。

泳ぎ終わった後の笑顔を見ることが私の最高のご褒美です。

さあ!2016年も残すところ1ヶ月半。

2017年は三条チームの飛躍の年にします!!

最後はSmileチーム担当の佐藤貴永コーチの最高の一枚で!!!

これからも応援よろしくお願いいたします!!

%e3%83%80%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%ef%bc%91

食事のお話し①

新潟校で選手をしています大坂です。少し食事のお話をします。

1日あたりの標準摂取カロリーは、12~14歳男子2500キロカロリー女子2250キロカロリー、20代の男性で2500キロカロリー女性で2000キロカロリー前後とされています。あくまで標準の数値ですので激しい運動をしている人はそれ以上にカロリーを摂取しなければなりません。
ちなみに荻野公介選手は1日4000キロカロリー以上食べているそうです。

実際、多くの男子選手が4000キロカロリー以上、女子選手も1日に3000キロカロリー以上を摂取しているようです。
1日に8時間以上もトレーニングに励むトップ選手は、運動量もかなりの量になります。1日に3000~4000キロカロリー以上摂取しないと、むしろ体重が減ります。水泳選手にとっては、食べることもトレーニングのうちなのです。

ちなみにオリンピックで上位を争う選手ともなれば、その食事量も凄いことになります。この熱量は個人差もありますが、約12000キロカロリー摂っているそうです。これは約1kg痩せるために必要な消費カロリーだそうです。そうだとすると、世界トップクラス水泳選手は毎日1kg痩せるほどの練習をしていることになります。

身体を作るのは”食事”です。すこし食事を振り返ってみて気を付けてみませんか。

新潟校 大坂